返済延滞の先に待ち受けているものとは

返済延滞の先に待ち受けているものとは

金融機関から借りたお金の返済を延滞してしまうと、記録されてしまいます。


おまとめローンを利用する際、返済能力を見定められますが、現在の延滞だけではなく過去の延滞記録も大きく影響してしまいます。


おまとめローンを提供する金融機関は、多額を貸し付けることとなるので過去に延滞した経験のある債務者や、今現在延滞している債務者に対しては警戒してしまいます。


返済を滞納した記録は、必ず記録され、個人信用情報センターに残されます。 個人から借りたお金については、記録のしようがありませんが、銀行や消費者金融から借りたお金については、記録されているのです。


少々返済が遅れてしまった返済遅延記録は二年記録を残され、三ヶ月以上返済を滞らせた延滞記録は五年も記録に残されてしまい、おまとめローンの審査を受ける際に、必ずチェックされます。


今現在延滞中ですと、おまとめローンで多額を借り入れるどころか、小口の借り入れも不可能です。 今現在、返済を滞らせているということは、収入が少ない、非常にお金を持っておらず経済状況が苦しいと伺えます。


今現在返済を滞納している債務者は、おまとめローンに申し込む前に必ず債務を完済をしておきましょう。