生活保護を受けつつおまとめローンを借りられるか

生活保護を受けつつおまとめローンを借りられるか

結論からいうと、生活保護受給者は法律によりおまとめローンを借りられることはできません。


生活保護受給者が金融機関からお金を借りることは法律違反となりますし、金融機関も生活保護受給者におまとめローンを貸し付けると法律違反になるために、融資してくれません。


生活保護とは、障害や困難があり労働による賃金が得られない、生活に十分な賃金を得ることができない理由のある人物が受けることのできる制度です。 生活保護の受給額は、地域や状況や人物により大きく異なってしまいますが数万円から数十万円といった金額です。


働かずに税金で暮らしている状態ですから、贅沢はできません。


銀行に多額を貯金することができず、労働が不可能と判断されているからこそ生活保護を受けることができているのであり、お金の工面に困りがちです。


生活保護を受けながらも貧しい暮らしをしている人間は少なくなく、金融機関にお金を借りたくなってしまう人も存在します。


ところが、無職の人物は金融機関からはまずお金を借り入れできないこととなっているために門前払いされてしまいます。


生活保護受給者がお金に困ってしまった時は、おまとめローンなどを借り入れるのではなく、市の担当者と相談をしたり、頼れる個人からお金を借りることとなります。