債務整理に行き着く前におまとめローンを考えてみては

債務整理に行き着く前におまとめローンを考えてみては

複数の業者から借り入れをしている状態(多重債務)では、月に何件もの返済を行う必要があるため負担が大きくなってしまいます。


それぞれの借入先に対して「最低返済金額」があるため、件数に応じて月の返済金額は増えていきます。返済の負担が大きい状態を継続していくと、いずれ返済不能となってしまい債務整理や自己破産をすることになる可能性も高くなります。


しかし、それによって債務が無くなったとしても「根本的な生活(収支バランス)」を立て直さない限りは、いずれまた借り入れをする必要性に駆られることになります。


また、債務整理などをしてしまうと信用情報がブラックな状態になってしまうため、しばらくは借り入れが非常に難しい状況になってしまいます。そこで、ブラックになるリスクを減らしつつ返済の負担も軽くするための手段として「おまとめローン」がおすすめになります。


複数の借り入れを1社にまとめることにより、月の返済回数を減らすことが出来ます。


個別に最低返済額が計算される状況と比べ、月々の返済金額を少なく抑えることも可能になるため負担を軽くできるうえ、借入金額が多くなることで金利が下がり「総額としての利息」も少なくすることが出来ます。


利息が少なく(割合として)なれば、その分元金を早く減らすことが出来るようになるため、結果として完済までの返済金額・返済期間が少なくなるため完済の可能性が高くなります。


おまとめローンを利用する先としておすすめなのは「銀行」ですが、審査の難易度は高くなるため、状況に合わせた選択が必要になります。


最近では「銀行系消費者金融」の中にも低金利でおまとめローンを提供しているところも増えてきているため、そちらも候補にしながら考えていくことがおすすめです。間違っても申し込みブラックになることが無いよう十分に注意してください。